断熱・結露防止なら高機能真空ガラス「スペーシア」のご紹介

厚さは1枚ガラスとほぼ同じで断熱効果は約4倍
「スペーシア」は日本板硝子が世界で初めて実用化した高断熱真空ガラスで、1997年10月に発売されました。
2枚のガラスの間に0.2mmの真空層を閉じ込める真空技術と特殊金属膜コーティング技術により、従来の複層ガラスの常識を覆し、厚さの薄い高断熱の真空ガラスを実現。
厚さ約6.2ミリでありながら厚さ12ミリの一般複層ガラスの約2倍、また一枚ガラスの約4倍の断熱性能を発揮します。 室内温度を快適な環境にコントロールし、省エネルギー、結露対策にも効果を発揮します。
戸建住宅からマンションまで、そして新築から既存住宅のリフォーム分野まで活躍するシーンが広がっています。真空ガラススペーシアの案内
スペーシアR は、真空層の働きとLow-E膜の効果により、熱貫流率が飛躍的に向上する事で、フロート板ガラスの約4倍、一般複層ガラスペアマルチの約2倍の断熱性能を発揮。これにより暖房時、室内の暖まりが早く、またその暖かさも逃さない快適な室内環境づくりを実現します。

スペーシアのマイクロスペーサが実現した真空テクノロジー

魔法瓶に使われている真空断熱技術
最近の魔法瓶でよく聞くのが「ステンレス魔法瓶」です。
ステンレスの二重構造の容器になっており、外と内との間が真空状態になっています。真空状態は宇宙空間と同じで、水も空気も無いので「熱伝導」も「熱対流」も限りなくゼロになります。
スペーシアは、世界で初めてつくられた真空ガラスです。
ガラスとガラスの間に真空層をつくることで、一般的な複層ガラスの約2倍の断熱性能を実現しました。※その原理は、魔法瓶と同じ。熱の伝わり方には、「伝導」、「対流」、「放射」の3つがあります。「伝導」と「対流」を真空層によって防ぎ、さらに「放射」を特殊な金属膜(Low-E膜)で抑えることで、高い断熱性能を発揮します。※当社製品ペアマルチ(中空層12ミリ)との比較
熱の伝わり方で理解するスペーシアの高断熱のしくみ

真空ガラススペーシアの原理

スペーシア商品紹介
真空ガラススペーシアの原理

真空ガラススペーシアの機能

高機能真空ガラス スペーシアの機能を動画でご紹介

真空ガラススペーシアの機能紹介ビデオ1
真空ガラス スペーシア「お隣さん篇」
真空ガラススペーシアの機能紹介ビデオ2
スペーシア実験映像「ホントはどーなの?スペーシア結露篇」」

高機能真空ガラス スペーシアの施工実績をご紹介

真空ガラススペーシアの施工例1
スペーシアFITの工事例
蓮田市内T邸にて真空ガラス(スペーシアFIT)の工事をしました。
既存サッシはそのままでガラスのみ入れ替えが出来ます。
真空ガラススペーシアの施工例2
蓮田市内スペーシア交換工事例
蓮田市内で最近工事を行いました
「真空ガラススペーシア」の既存サッシはそのまま使った工事風景をご紹介。既存サッシを使用するので低価格で行えます。
真空ガラススペーシアの施工例3
さいたま市内マンション結露対策
マンション1階に住むお客さんのお宅の結露がひどいとのことでした。
どの窓も結露が酷く、キッチン側はスペーシアのガラスのみ交換)
PAGE TOP